情熱大陸 「サックス奏者・上野耕平」

情熱大陸 「サックス奏者・上野耕平」

制作中の「気づき」の大切さを再確認した取材でした。今回上野さんのご実家にお邪魔したとき、祖父の三安(みつやす)さんのところにも寄らせてもらいました。そのとき、去年暮れに発表した新アルバムを毎朝聴いているという話題に。もうすぐ90歳になられるそうですがカクシャクとして、冗談好きな様子。「最後の曲を聞いていると、棺桶の中から見る光景が思い浮かぶ」とおっしゃったとき、場はワッと盛り上がりました。
後日、その場面をラッシュしていると、なぜか心が動かされている自分がいました。改めて考えると、小さい頃から成長をみてきて、大きくなって演奏者として認められ、好きな曲をサックスで吹いている孫。齢90歳、目が覚めると毎日孫の演奏を聴く、その中で言及した曲なのです。その曲はバッハのシャコンヌでした。改めて聞いてみると、曲の熱量がすごい。「上野耕平さんを描くには、これだ」と気づきました。そして、番組の主軸におく演奏曲となりました。ということで、放送では登場なさいませんが、大切な人、祖父・三安さんにこの番組を捧げます。(下口谷 充)


ナレーション:窪田 等

番組ホームページはこちら

演出・プロデューサー

下口谷 充

構成

浜田 悠

撮影

森屋 進
門脇妙子

音効

早船麻季 

プロデューサー

中村 卓也(MBS) 
石原 徹

チーフプロデューサー

越智 暁(MBS)