サラメシ 2017年3月

サラメシ シーズン6 2017年3月

この冬、弊社広報誌・テレビマンユニオンニュースの取材で、岡康道さんに会った。クリエーティブエージェンシーTUGBOATの代表は「いろんなCMが気になっちゃうから…」と、テレビは基本NHKだそうで、我がサラメシも見ていてくれて、取材後の雑談でボクがプロデューサーだと伝えるとちょっと身を乗り出して「昼飯ってアレいいよね、一生続けられるでしょ!」と云ってくれた。
実はこの番組が2年目を迎えた2012年の春、どうせなら7年は続けたいなぁと思ったことがある。理由は単純、個人的に大好きだった「サラリーマンNEO」がシーズン6で終わったからだ。云わば〝サラの先輩〟でもあり、何をやっても芯がブレず、自分たちが何を大事にしているかが明確な〝一点突破全面展開〟のお手本のような存在でもあった。その越えるべき山はこの春、無事越えることができた。さてその先をどーするか?目指す山を越えたらあとは下るだけ…なんてワケにはいかない。岡さんには、「最低10年は続けないと!」と嬉しいハッパをかけられた。
ゴールデンタイムになって2年目、シーズン7を迎えた「サラメシ」、まずはボクらがどう楽しむか…?ご期待ください。
(松葉直彦)


「サラメシ」取材で出会った“おべんとうの人”のお話がついに書籍化!本のご購入はこちら

番組ホームページはこちら

サラメシ シーズン6 2017年3月の放送予定

#31 3月14日(火)20:15~20:43 〔再〕3月16日(木)12:20~12:43
震災から6年、東北3県で働くオトナたちの昼▽福島県いわき市の温泉レジャー施設。少年時代の夢がかない、ファイヤーナイフダンサーとして入社した兄弟の仕事と昼。▽岩手県釜石市。震災を機に親の水産加工会社にUターンした孫。祖母が孫に作る気遣いたっぷり弁当。▽ランチをはさめば心が開く!宮城県亘理町のイチゴ農家とさし飯▽宮城県塩竃市のすし屋。シャリを使った意外な一番人気のまかないとは?

#32 3月21日(火)20:15~20:43 〔再]3月23日(木)12:20~12:43
岡山備前市で明治から続くしょう油の蔵。家業を継いだ4代目社長はしょう油以外の新商品を開発し軌道に乗せた。楽しみは、自社製品だけで味付けした料理を自分で作り、月1回社員たちにふるまう昼。▽1週間のランチ全部教えて!脳トレサラメシ。▽気仙沼の水産加工会社。津波で失った秘伝のタレは、従業員たちが流れたリュックの中から見つけてきてくれた。感謝をこめて会長の妻(79歳)が月に数回作るまかない。

<再放送のお知らせ>
3月9日(木)12:20~12:43(シーズン4 #35)
3月30日(木)12:20~12:43(シーズン5 #35)

サラメシ英語版

『Lunch On!』
※NHK WORLD 毎週火曜 23:30~23:55 以後6時間ごとに計3回放送
 
3月 7日 「夜はスナック勤務の海女さん」 (再放送)
3月14日 「巨大クレーンのまかないランチ」(再放送)
3月28日 「酉の市の熊手作り」 

※約150の国と地域で放送衛星やケーブルテレビを通じて視聴可能。
日本国内での視聴は⇒http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/index.html

ナレーション

中井貴一

プロデューサー

松葉直彦  松尾明美 

演出スタッフ

今関裕子  石井大介
田中ナオト 金井さおり
大沼奈保子 北沢建一
森田遥平  小林瞬   
佐藤拓郎  久保枝里紗
浜田玲   佐藤和也
塩田明里

アシスタントプロデューサー

宮崎和子

リサーチ

冨田紀子

構成

たむらようこ 服部真由子

音効

井田栄司