私たちはテレビマンユニオンの制作者であり、株主であり、経営者です。

私たちはテレビマンユニオンの制作者であり、株主であり、経営者です。

働くこと(制作) 資本を出すこと(所有) 経営すること(経営)を私たち制作者が自ら担っています。

私たちは、単なる被雇用者としての社員ではないので、自らを「メンバー」と呼んでいます。 現在メンバーは124名、他に名誉メンバーなど各種メンバーが12名います。合せて136名のメンバーは、1億5千万円の株式(資本金)の68%以上を所有しています。(まだ株を持っていないメンバー候補生が5名います。新人です。)
メンバーの他に制作に関わる契約スタッフが約120名ほどいます。
制作者を支える事務系スタッフは、社員、契約者などを合わせて約30名ほどいます。
その他に、総合職などの社員が13名います。
総計約300名近くの人がテレビマンユニオンで働いています。
メンバー以外の主な株主は、TBS、東通、イマジカそして社員などです。

私たちのテレビマンユニオンには、制作者を管理する人事部はありません。

私たちのテレビマンユニオンには、制作者を管理する人事部はありません。

職階による業務命令によって働くのではなく、
自分たちの選択や判断で番組を作り、経営を行っています。

ちなみに、候補生を含む全141名のメンバーを男女別でみると、女性の割合が全141名中、約36%です。報酬や職種など、あらゆる面で男女の区別はありません。メンバー全員が対等の立場でものごとを決めているからです。

私たちは、これで45年やってきました。

私たちは、これで45年やってきました。

テレビマンユニオンは、1970年に日本で最初にできた番組制作会社です。
たとえば45年の歴史を受賞歴の一端で示せば、下記の通りです。

  • 「テレビマンユニオン」に対しての賞
    ■ テレビ大賞特別賞(1974年)
    ■ 菊池寛賞(2003年)
    ■ 毎日芸術賞(2013年)
    ■ 放送批評懇談会50周年 記念賞(2013年)
  • 「テレビ番組」に対しての賞
    ■ ATP賞長寿番組賞ほか:
    「遠くへ行きたい」、「世界ふしぎ発見!」、「世界ウルルン滞在記」
    ■ 文化庁芸術祭大賞(ドラマ):「波の盆」(1984年)、「ラジオ」(2013年)
    ■ ギャラクシー賞(放送批評懇談会)大賞:「天皇の世紀」(1973年)
  • 海外受賞作
    ■ ブランドUSAメディア・アワード(テレビ部門)最優秀作品賞:
    「松下奈緒のNY&ボストン 恋する休日!」
    「松下奈緒のボストン 恋する休日!」(2015年)
    ■ ワールド・メディア・フェスティバル(ドキュメンタリー:トラベル部門)銀賞:
    「ベニチオ・デル・トロ 広島へ行く」(2015年)
    ■ 国際エミー賞(芸術部門)ノミネート:
    「はじまりの記憶~現代美術作家・杉本博司~」(2011年)
    ■ 国際エミー賞(テレビ映画部門)ノミネート/ シカゴ国際映画祭 テレビ賞 金賞:
    「ラジオ」(2014年)
  • 個人賞
    ■ 芸術選奨文部(科学)大臣賞:萩元晴彦、今野勉、重延浩
    ■ 同 新人賞:大原れいこ
    ■ 放送文化基金賞 個人賞:白井博
  • 最近 受賞した個人賞
    ■ バリュアブル・パートナー賞:浦谷年良(2011年)
    ■ ATP賞 新人賞:池田一葵(2012年)
    ■ 旭川観光顕功賞:加藤義人(2015年)  他、多数 ―
  • 「映画」に対しての賞
    ■ ベネツィア国際映画祭 金のオゼッラ賞:「幻の光」(1995年)
    ■ カンヌ国際映画祭 最優秀男優賞:「誰も知らない」(2004年)
    ■ 日本アカデミー賞 最優秀脚本賞、優秀監督賞:「ディア・ドクター」(2009年)
    ■ ヨコハマ映画祭 新人監督賞:「その夜の侍」(2012年)
    ■ ファンタジア国際映画祭(カナダ)最優秀女優賞:「福福荘の福ちゃん」(2015年)
    他、多数 ―
テレビの未来はどうなるのか…

テレビの未来はどうなるのか…

というような疑問の立て方を、私たちはしません。
「テレビの未来をどうするのか」という問題の立て方を、私たちはしたいのです。

私たちの未来は、あなたたちと共に作られていくのです。

私たちは、テレビ番組だけを作っているわけではありません。

2015年度上半期、316本の作品を手がけました。

テレビ番組制作( )内は本数

  • NHK(総合・Eテレ、BSなど)
    レギュラー番組
    「サラメシ」(19)、「仮説コレクターZ」(14)
    「オイコノミア」(12)
    「めざせ!2020年のオリンピアン」(9)
    「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」
    「ウワサの保護者会」(各6)「鑑賞マニュアル 美の壺」
    「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」
    「Trails to Tsukiji」(各5)
    「奇跡のレッスン ~世界の最強コーチと子どもたち」(3)
    「先人たちの底力 知恵泉」
    「為末大が読み解く!勝利へのセオリー」(各2)
    「課外授業ようこそ先輩」「学ぼうBOSAI」
    「世界ふれあい街歩き」(各1)
    ドラマ
    「戦後70年 一番電車が走った」、「玉音放送を作った男たち」
    ドキュメンタリーなど
    「挑戦!人類200万年の旅~大英博物館展~」
    「日曜美術館 大英博物館 人類史への旅」
    「古代エジプト 愛と野望の女王たち」、「大心理学実験2」
    「超絶!凄ワザ」、「アルゴリズミ子研究所2」
    「リアル“まれ”の女神たち 女性パティシエのおいしい科学」
    「新日本風土記 『廃墟』」、「地球タクシー」、「オレアレ」
    「東北Z 被災地に届け!希望の環 ~miwaと若者たち 未来への歌~」
  • 日本テレビ(YTV)

    レギュラー番組
    「遠くへ行きたい」(19)
  • TBS(MBS)

    レギュラー番組
    「世界ふしぎ発見!」(19)、「情熱大陸」(3)
    ドキュメンタリーなど
    「世界ウルルン滞在記・2015夏の特別編
    ~ドイツ平和村再会SP~」
  • フジテレビ(KTV)

    ドラマ
    「新・奇跡の動物園 旭山動物園物語 2015 命のバトン」
    ドキュメンタリーなど
    「NONFIX われら平成の開拓団~地方から吹く風~」
    「みんなのニュース 特集リアル『戦う女性医療通訳士』」
  • テレビ朝日(ABC)

    レギュラー番組
    「食彩の王国」(12)、「美味しい百景」(26)
  • BS/CS

    BSフジ
    レギュラー番組
    「からだ研究所 いつまでも輝く人生を送りたい」(13)
    「夢の食卓 Table of Dreams」(12)
    ドキュメンタリーなど
    「戦後70年と“失敗の本質”」、「向井理が見た未来への生きるヒント ~ラオス・世界遺産の街~」、「すばらしきアメリカ旅スペシャル 松下奈緒のボストン 恋する休日!」
    WOWOW
    「人形アニメーションの父・持永只仁の約束~未完のシナリオが繋ぐ日本と中国~」
    日本映画専門チャンネル
    「現場密着ドキュメント 映画『海街diary』が生まれるまで」
    シリーズ「任俠(おとこ)の教科書」
    J:COMチャンネル レギュラー番組
    「キネマのDAIGO☆味」(6)
    ムービープラス
    「第68回 カンヌ映画祭授賞式ライブ」

映画制作

  • 「福福荘の福ちゃん」(2014年)
    「あえかなる部屋 内藤礼と、光たち」(2015年)
    「二重生活」(2016年 公開予定)

    「葛城事件」(2016年 公開予定)

映画配給

  • 「世界一美しい本を作る男 -シュタイデルとの旅-」(2013年)
    「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(2015年~)

ネット事業

  • テレビマンユニオン チャンネル(2012年~)(クラシック音楽演奏会の中継)

音楽事業

  • 「東京国際ヴィオラコンクール2015」、「Tokyo Cantat 2015 講師招聘」
    「クラシック・カフェ2015」、「読み聞かせコンサート2015」
    「創作ミュージカル“おにころ”」演出

    レギュラー公演
    プロジェクトQ、全国アマチュア室内楽フェスティバル
    ヴィオラスペース/東京国際ヴィオラコンクール
    クラシック・カフェ
    海外アーティスト招聘
    ウェンティン・カン(ヴィオラ)中国 2016/1月
    アンドレア・ブルガー(ヴィオラ)スイス 2016/5月
    上海クァルテット(弦楽四重奏)アメリカ 2016/6月
    ジュリアード弦楽四重奏団(弦楽四重奏)アメリカ 2016/6月
    マリアンナ・シリニャン(ピアノ)アルメニア 2016/10月
    アトリウム弦楽四重奏団(弦楽四重奏)ロシア 2017/11月
    アーティスト・
    マネージメント
    三浦一馬(バンドネオン)、村治奏一(ギター)
    長富彩(ピアノ)
    松本俊明(作曲、ピアノ、サウンド・プロデュース)
    畑中正人(作曲、サウンド・デザイン)
    松本和将(ピアノ)、うたうまい(歌)
    中山浩佑(トランペット)、﨑谷直人(ヴァイオリン)
    黒木岩寿(コントラバス)、ウェールズ弦楽四重奏団

イベント事業

  • 文化庁メディア
    芸術祭
    「十勝帯広展 “メディア芸術の林間学校”」(2014年)
    「富山展 “あるくメディア芸術祭” 」(2015年)

マネージメント

  • 竹内海南江、華恵

その他

  • 「ハンセン病の現場にレンズを向けて」(日本財団 ハンセン病制圧活動サイト)

  • 私たちはテレビマンユニオンの制作者であり、株主であり、経営者です。
  • 私たちのテレビマンユニオンには、制作者を管理する人事部はありません。
  • 私たちは、これで45年やってきました。
  • テレビの未来はどうなるのか…
  • 私たちは、テレビ番組だけを作っているわけではありません。

所在地

本社

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山SOUTH棟
TEL 03-6418-8700
FAX 03-6418-8741

地図はこちら

地図