COMPANY会社情報

自由の砦

独立する

テレビマンユニオンは、1970年2月25日に創立しました。
その日は、「創造と経営」の誕生日です。
制作者が放送局から離れて独立した、日本最初の独立プロダクションです。
大きな会社に属していては、制作者として自立できない。そう考えて制作者は、自立しました。
自らが(制作者)という職業を選びとったのです。
この旅立ちは<海図なき航海>でもありました。

新しい演出をする

テレビマンユニオンは、それまでのテレビジョンに新しい演出論を持ちこみました。
テレビジョンに新しい風を吹き込み、高く評価され、多くの賞を受賞しました。たくさんの広告主、放送局、広告代理店から新しい番組の制作を依頼されるようになりました。みんなが新しい演出論を待っていたのです。

新しい組織を創る

新しい組織には、新しい組織論が必要です。
テレビマンユニオンは、メンバーシップという制作者のための独自の組織論をつくりました。
制作者が自ら出資し、経営に責任を持ち、つねに組織のあり方を考える。議決の権利は一人一票。
同等の権利をもって、組織の現在を考え、未来を選びとっていく。制作者が自立するという前提で始まった
このメンバー制度は、今もつづいています。
私たちはこの<メンバーシップ>を「組織論の試み」と考えています。

新しい文化を創る

テレビジョンという方法論で文化をみつめなおすことを、テレビマンユニオンは試みました。
旅を通して日本を見つめる「遠くへ行きたい」(YTV)、ドキュメンタリードラマ「欧州から愛をこめて」(NTV)、3時間ドラマ「海は甦える」(TBS)、「波の盆」(NTV)、クラシック音楽を広めた「オーケストラがやって来た」(TBS)、スペシャル番組「北京にブラームスが流れた日」(TBS)、美術スペシャル「印象派・光と影の画家たち」(TBS)、科学スペシャル「生命潮流」(NTV)、「宇宙からの証言・地球」(ANB)、など1970年代、80年代は新たな潮流を生み出していきました。
素晴らしいスポンサーとの出会いが私たちにテレビ文化の華となる番組を制作する機会をもたらしてくれました。

新しい娯楽を創る

テレビマンユニオンは、エンターテインメントにも新しい演出論を生み出しました。
1977年「史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ」(NTV)が生まれました。クイズとドキュメンタリーを合わせた新しいクイズ番組で、視聴率は30%を何度も越えるヒット作となりました。
1986年には日立製作所の提供で「世界ふしぎ発見!」(TBS)が生まれました。
草野仁の司会、黒柳徹子、野々村真ら名レギュラー出演者の豊かな個性が魅力的で、歴史をクイズにした知的エンターテインメント番組の最高傑作と言われています。
世界の歴史を語り、文明遺産を記録し、ミステリーハンターがクイズを出題するスタイルは強い人気に支えられ、番組開始から30年を越えました。

時代を創るイベントをプロデュースする

1998年2月7日の長野冬季オリンピック開会式。そこでテレビマンユニオンは、小澤征爾指揮、ベートーヴェン作曲「第九」の合唱を五大陸のニューヨーク、北京、ベルリン、シドニー、ケープタウンから同時中継で、音声を同調させるという技術的課題を克服して、世界中に放送し、大きな感動を呼びました。かつてカザルスホールで企画、制作、自主公演を行なった音楽の遺伝子は、今、音楽事業として花ひらき、個性的なアーティストのマネージメントと多くの音楽事業を生んでいます。コンテンツ事業の「コ・フェスタ」は海外イベント事業の可能性を拓きました。

テレビマンユニオンの映画製作も高い評価を受けています。「幻の光」は第52回ヴェネツィア国際映画祭で金のオゼッラ賞、「ワンダフルライフ」は、ナント三大陸映画祭グランプリを受賞。「ディスタンス」はカンヌ国際映画祭コンペティション正式出品、「誰も知らない」ではカンヌ国際映画祭、最優秀男優賞(柳楽優弥)を獲得しました。 
2016年には映画「二重生活」「葛城事件」と話題作を発表しました。

テレビマンユニオンチャンネルもスタート。メディアを持つことの意味の大きさも知りました。
舞台製作、イベント、動画配信、DVD、デジタルコンテンツなどテレビマンユニオンのステージはさらに大きく広がっていきます。

ひとりひとりがプロフェッショナルであるということ

テレビマンユニオンにはメンバー(プロデューサー、ディレクター、カメラマンのプロフェッショナル)に加え、組織を様々な仕事で支える社員、スタッフが共に働いています。
ひとりひとりの使命とは何か?それを自ら問いかけて個の自分と多くの仲間という組織の可能性を
永遠に追い求めているのです。【合議・対等・役割分担】
個人を生かす組織。組織を生かす個人。
その理想的な両立を求めてテレビマンユニオンを自分たちの手で日々、創造しているのです。

ジャンルを越えて創る

テレビマンユニオンは今、多くの放送局と、多彩なジャンルの番組、コンテンツを制作しています。
ドキュメンタリー、ドラマ、エンターテインメントに新しい演出論、技術論、方法論、組織論を
試みながら、常に新しい何かを模索し展開しています。

人と社会を大切に思う

テレビマンユニオンのメンバーは、人と社会につねに興味と好奇心を持って、創造するとは何かを真摯に考え、こだわりつづけます。

50歳のテレビマンユニオンへ

1970年に創立したテレビマンユニオンは2020年、50年目の春を迎えます。
東京オリンピック・パラリンピックが開催される、メディアにとっても大きな節目の年です。
「伝えること」
「気づくこと」
「チャレンジすること」
多彩な映像が個人の生活に入り込み、価値判断、意思決定、人格形成、倫理観などに深い影響を与えている現代。
映像の社会的影響力はそれを制作する者たちひとりひとりがその重さにしっかり気づいていなければなりません。「ひとりの人生を創ることもあるということ」
次世代を育む映像文化の発展に貢献します。

50歳のテレビマンユニオンよ。
創立メンバーやレジェンドたちの積み上げた実績と信頼の上に漫然と胡座をかいていないだろうか。
面白いものを生み出す一手間に汗をかいているだろうか。
新しい創造パートナーを日々、積極的に開拓しながら、モノづくりのプロフェッショナルとして、自由でしなやかな気風と孤高の精神を大事にしていくことを忘れてはいないだろうか。

映像制作はしんどい作業です。
それでもモノを創り出すのは、楽しいことです。
テレビマンユニオンにしかできないことを、テレビマンユニオンはいつもめざしています。
それが自由の砦のあかしです。