BS1スペシャル「欲望の民主主義」~世界の景色が変わる時~

◇世界の知性は、今、何を思う? 米、仏知識人に徹底インタビュー
◇民主主義の起源とは? 「民主主義の父」が思い描いていた民主主義の本質とは?フランス、アメリカで考える
◇多数決を疑え?熟議とは?民主主義の限界を越えて…今、新たな構図は描けるか?

かつて…ある人が言った。この世は、「万人の万人に対する闘争」だと。
それは様々な「欲望」がせめぎ合う世界…。 
今アメリカで、そしてフランスで…、世界の景色が変わろうとしているのか?
「決まらない、まとまらない」混迷を深める民主主義という制度。
様々な思いと思惑が錯綜する、「欲望の民主主義」の世界を考える思考の旅。

英国のEU離脱、トランプ大統領の誕生、そして今迎えようとするフランス大統領選…。
今「民主主義の在り方」そのものに人々の関心が集まっている。漠然と人々に共通の価値観として織り込み済みの民主主義。だがそもそも、この四文字の意味するものは? 
かつて「万人の万人に対する闘争」(ホッブス)の調停、人々の欲望の均衡の為のシステムとして見出された民主主義。「多数決」の論理以外に、そこに、何を見出だすことができるのだろう? 今始まる文明論的問いかけ。民主主義とは何か?民意とは?「欲望の資本主義」で市場原理の本質に迫った反響を受け、今問う、民主主義の本質。
トランプ大統領で変化するアメリカ、4月末の大統領選を目前に控え揺れるフランスを中心に、知性たちに問う。

【出演】マルクス・ガブリエル(哲学)、ジョナサン・ハイト(社会心理学)、ジャン=ピエール・ルゴフ(社会学)、マルセル・ゴーシェ(政治哲学)、シンシア・フルーリー(政治学)、ダニエル・コーエン(経済学)、ヤシャ・モンク(政治学)ほか

【ナビゲーター】吉田徹(政治学/北海道大学教授)

スタッフ

ディレクター         橋本倫
アシスタントプロデューサー  中村美奈子
プロデューサー        高橋才也
制作統括           丸山俊一(NEP)